Page 3 of 5

装備が揃ったら予行演習をしてみよう!

「コースも決まったし装備の準備もできた。後はユメに向かって漕ぎ出すだけ!」……そう思っているあなた、ちょっと待った!

いざ走り始めてしまったら、手元に持っているものだけがあなたの全財産。クツが合わないとか、荷物が重いとか、セッティングがイマイチとか、そういったことへの対応は、大きく制限されてしまいます。

初心者であれば、大量の電池や工具箱など「実は不要なもの」をバックパックに入れていて荷物が重い、というようなことは特によくあること。ぜひ一度、短距離の予行演習を行って、装備の具合を確認しましょう。

予行演習の走行距離は50km程度がいいでしょう。隣の市まで行ってくるとか、そのレベルです。走り慣れた道、夜間の車通り・人通りが少ない時間帯で大丈夫。もしこの条件で何か問題があるとすれば、実際に自転車旅行に出たとき、それは必ずトラブルのもとになります。

予行で走る時にチェックしたいのは以下のとおり。

・荷物の重量は適切か

50km程度の走行でバテてしまうようであれば、バックパックに入れた荷物が重すぎます。衣類は下着類など最低限に。また食品や給水用の飲み物など「現地調達が可能な物」は置いて行きましょう。

・荷物の重量バランスは適切か

体幹に対して左右均等に重さがかかるようにするのは基本ですが、重い物が上に偏っても下に偏っても、背中や腰への負担になります。普段疲れないところに疲れが出る場合は見直しを。

・ペダリングやハンドリングに影響するものはないか

バックパックのストラップや空気入れのチューブなど、ペダリングやハンドリングのたびに脚や腕に当たるものがあると、気になって思うような走りができません。ストラップがブラブラしているような場合はテープや糸で固定してしまいましょう。

・スムーズなペダリングができるセッティングか

何も背負っていない場合とバックパックがある場合では、身体にかかる重量のバランスが変わります。バックパックを背負った結果、手が痛くなるようであれば、少しハンドルを上げるなどの対処が必要です。

・車輪の回転に巻き込まれそうなものはないか

シフトワイヤーのような、車輪の回転部に近い位置にあるものが振動などで回転に巻き込まれると、車輪がロックして故障や転倒、事故につながります。ショップで調整する必要があります。

・可動部にガタの出ているところはないか

普段は気にならないレベルでも、荷物の重量が増すことでベアリング部のガタつき気付くこともあります。これもショップでの調整が必要です。

・ブレーキ、シフトはしっかり機能するか

普段より重い分、ブレーキは早めにかける必要があります。それでも利きが悪ければ当たり位置の調整をしましょう。

・ライトや撮影機材はしっかり機能するか

ライトがしっかり点灯するのは言うに及ばず、意外な盲点は車載動画を撮るためのスイッチです。停車しないと押せないような場合は見直しが必要です。また、走ってみると案外ライトやカメラがガタつくことがあります。増し締めの必要があるかもしれません。

このような点を中心にチェックしましょう。その結果を踏まえて行きつけの自転車屋さんに相談すれば、適切なアドバイスや調整をしてもらえるはずです。

また、ウエアの着心地や靴の履き心地なども見ておいた方がいいです。特にウエアは化繊のものが多いため、長時間着ているとチクチクして痒くことがあります。

いかがでしょうか?特に経験の少ない自転車旅行初心者は、この予行演習を大切にしたいものです。繰り返しになりますが、走り始めてから困っても後の祭りです。不安要素を全て解決してから出発しましょう!

持ち物を総点検!絶対に忘れちゃいけないものをチェックしよう

目的地や旅行の日程、ルートも決まって宿泊の予約も取れると、いよいよ出発の気運が高まってきてテンションも上がります。でも、実際に走り始めてから大切なものを忘れてきたことに気付くと、せっかくの気分も台無しに。

そんなことを防ぐために、自転車旅行に必要な装備を一度、総点検しましょう。ここでは数日の自転車旅行を想定して、絶対必要な装備と、なるべく持っておきたい装備をリストアップします。当たり前すぎる物や細かな物もありますが、ちゃんと持っているかこのブログを読みながら一緒に確認してくださいね!

品目右側の数字は必要数です。数字がないものは必要な分だけ持っていきましょう。

①全員必須!絶対必要な装備

・自転車1 ・ライト1 ・ヘルメット1 ・ゴーグル1 ・グローブ1
・シューズ1 ・上下ウエア1 ・ワイヤー錠(自転車用カギ)
・財布(現金) ・キャッシュカード
・空気入れ1 ・タイヤレバー2 ・交換用チューブ2 ・ニップル回し1
・救急箱1 ・洗浄用の水1 ・保険証1 ・常用薬(普段飲んでいる場合)
・携帯電話(スマホ)1 ・携帯電話用充電器1
・バックパック1 ・輪行バッグ1

どれが欠けても安全な自転車旅行ができなくなるものばかりです。ここに挙げたものは全員必須、必ず用意しましょう!なお「輪行バッグ」については別途「用語集」の中で詳しくお話しします。

現金は、お札などは財布に入れてバックパック、小銭はジップロックなどに入れてウエアのポケットに入れておくと便利。やってしまいがちなミスが、各種の充電器を忘れること。特に複数の電気製品を持っていく場合は要注意。

なお、修理関係の装備はそれを使って実際に修理ができるかの確認も必要です。

②車載動画を撮影する場合の追加装備

・撮影用カメラ1 ・交換用バッテリー ・記録用メモリ(SDカードなど)
・カメラ用充電器1 ・カメラマウント用雲台1

カメラをきちんと固定・機能させられるかを事前に確認しておく必要があります。また、予想される撮影時間を考えてバッテリーやメモリの数は調整しましょう。

宿泊場所で動画の編集をしたい場合はそれに合わせたツール類も必要になりますが、インターネット環境やノートPCなどが必要になるため、旅行中は携帯で撮ったものを編集する程度にしておいた方が良さそうです。

③できれば持っていたい装備

・着替え用下着2、靴下2 ・雨具(専用のものでなくても可)1 ・タオル2
・反射材(夜間走る場合のみ)・テールランプ(夜間走る場合のみ)
・ライト用充電器(充電式電池使用の場合)1
・パンク修理キット1 ・アーレンキー
・大きめのゴミ袋1 ・ハサミorナイフ1 ・タイラップ(プラ製の縛りヒモ)

ゴミ袋やタイラップなど、何に使うかよく分からないものもあります。ゴミ袋はキズの保護や簡易雨具に。タイラップは装備の結束や止血など、様々なことに使えます。

このリストは飽くまで「自転車で目的地に着くことを目的とした」場合の装備です。行った先での観光や野宿など、したい事がある場合はそれに合わせた装備を適宜追加しましょう。

最後に、要らないもののリストです。特に経験の浅い初心者は、不安から余計なものをあれこれとバックパックに押し込んでしまいます。

・工具箱 ・スポーク、ワイヤーなど交換用部品 ・食品、粉末飲料
・着替え用ウエア、衣類 ・カメラ(デジカメ)、三脚 ・各種取扱説明書

万が一に備えて……、という気持ちは分かりますが、現地調達が可能なものや他の方法で代用できるものばかりです。また、自走さえできれば、修理は自転車屋さんでできます。思い切って置いていきましょう!

チャリのことはチャリ屋に聞け!自転車屋さんを有効活用しよう

普段のメンテナンスや修理をあなたはどこで行っていますか?

最近は量販店やホームセンターなど色々なところで販売・修理を行っていますが、ぜひ「行きつけ」の自転車屋さんを見つけておきたいものです。毎回同じ人が整備をしてくれる安心感、というのが一番の理由ですが、他にもメリットはたくさんあります。

今回は一旦自転車旅行を脇に置いておいて、行きつけの自転車屋さんのを見付けるメリットについてのお話です。

①行きつけの自転車屋さん=あなたの自転車を一番よく知っている人

例えばシフトワイヤーの動きがシブくて調整したい時。毎回違うお店に行っている場合、前回そのワイヤーを誰がどう調整したのか、ショップの人は知りません。結果「とりあえず使える状態にする」という調整になります。手っ取り早くワイヤー交換です。

しかし前回も同じ人が調整したならば、その経験から「○ヶ月前に換えたばかりなのにもうシブいのはおかしいな……」といったアプローチが可能になります。おかしいから単に交換するのではなく、あなたの自転車に合わせた「本当の原因」を探ることも可能になるわけです。

②行きつけの自転車屋さん=あなた自身をよく知っている人

あなたの自転車の使い方や走行距離、また乗り方のクセなどは自転車屋さんとの会話の端々に現れます。そして自転車屋さんはあなたの言葉を覚えています。

例えばあなたが重いギヤをガシガシ踏むパワー型のライダーだということを自転車屋さんが知っていれば、脚を故障しない適切なペダリングのアドバイスやハードな使用に耐えるパーツを紹介してくれるかもしれません。

また、乗り方に合わせた効率的なセッティングやポジションも見てもらえるかもしれません。セッティングについては特に、あなたのことを知っている人のアドバイスは貴重です。

③行きつけの自転車屋さん=メンテナンス・修理の先生

初めて入ったショップで、店員さんが他の人の自転車を修理しているのをジッと見て勉強するのは、とても勇気が要ります。でも、行きつけの自転車屋さんなら「これ、何の修理してるんですか?」と聞くことができます。

パンク修理一つをとっても、ネットで調べたレベルの知識と、目の前で修理している「実物」を何本も見たレベルの知識では全く違います。例えば「ゴム糊が乾いてきたら」と文章で説明されても、どの程度の乾き具合なのかは、実物を見てみないと分かりませんね?

④行きつけの自転車屋さん=自転車旅行の先輩

自分でショップを経営しているような人は、大抵、自分自身が自転車旅行をした経験を持っています。その経験からもらえるアドバイスは大変貴重です。

また、現役で自転車旅行(に限らず旅行自体を)を楽しんでいる人であれば、道路状況や交通量についての知識も持っているもの。「国道○○号で行きたいんですよ」と言った瞬間に「そこ自転車進入禁止だよ。並走する県道□□号の方が車少なくて安全!」という言葉が出てくるかもしれません。

このように「行きつけ」の自転車屋さんがいるのはとてもメリットが大きいことです。なるべく整備や修理をそういった信頼できる自転車屋さんで固定して、有効活用していきたいものです。

ただ、全ての自転車屋さんがこのような人になるというわけではありません。量販店やホームセンターの場合「自転車店」ではないため、自転車整備士の資格を持っていなくても販売ブースで仕事をすることはできるし、個人経営の自転車屋さんでも、あなたと性格や考えが合わないこともあり得ます。

だからこそ信頼できる、自転車屋さんを見つけることが大切です。今回の自転車旅行へのアドバイスもきっともらえますよ!

見すぎに注意!GPS・ケータイナビの活用術

自転車旅行では、初めて走る不案内な場所が多いため、ルートをロストすることがよくあります。過去に走ったことがある皆さんも一度や二度は経験があるのではないでしょうか?

あのとき、誰かが道を教えてくれたら……。特に脚に自信のある超速ライダーほど、道を間違えていることに気付かずにガッツリ走ってしまった結果、1ヶ所のルートミスのせいで何kmも戻るハメになってしまったり。

「あれ?、おかしいな」と思った時に現在地や目的地までのルートを確認できたら、こんなありがたい事はありません。今回は、そんなトラブルに役立つケータイナビについてご紹介します。

①ケータイナビは周辺情報表示機能が魅力!

自転車で移動しているときに必要な情報はたくさんありますが、ルートナビ機能は当然として、案外必要なのが「周辺情報」の表示機能。「スポークが折れた!」というときの自転車屋さん情報や「ちょっと買い物したいけれど駐輪場がない……」というときの駐輪場情報などを表示することができます。

また、突然の雨で雨宿りしたければカフェの情報、予約したホテルの場所がよく分からなければホテルの情報など、欲しい情報が簡単に手に入れられます。

②天気予報システムもありがたい!

天気予報のアプリは多数ありますが、ほとんどのケータイナビはこの機能もサポートしています。でも、自転車乗りにとっては「今の天気」よりも「1時間後の天気」。大丈夫です、バッチリ対応しています!

③GPSとのデータリンクや走行記録も可能!

GPSとデータリンクすることで、走行距離や平均速度、消費カロリーなどをリアルタイムで表示することができます。また、データの記録も可能なので、一日ごとの走行記録を貯めたり、積算走行距離を記録したりすることも可能です。

このようにたくさんの機能を備えたケータイナビのアプリですが、ルートナビや音声案内の他、アプリごとにそれぞれ特徴や強みがあります。ぜひ、出発前にいくつか試してみて、一番自分の走行スタイルに合いそうなものを見つけましょう!

いかがでしょうか?ところで、こんなありがたいケータイナビですが、使い方には注意が必要です。

一番の注意は、走行中の操作はもちろん、画面をジッと見過ぎないこと。人間の視野、とりわけ「有効視野」、つまり「何が映っているか認識・判断して情報として活用できる視野」は案外狭く、視野全体の半分にもなりません。

そのため自転車に限らず、どんなことをするときも、私たちは常に眼球を動かし続けています。そうしないと、見えてはいてもそれが何のか分からないからです。

ナビを走行中にジッと見てしまうというのは、その眼球の動きを止めてしまうことになります。そのため、自動車や赤信号など、あなたにとって危険なものが迫っていても気付かなくなってしまいます。自動車でよく言う「脇見運転」です。

ふと顔を上げたときにはすでに手遅れ……、こんなことを防ぐため、走行中は音声案内機能などを使って、あまり画面に見入ってしまわないように気を付けましょう。

もう一つの注意は、ナビの入っているスマホは必ずハンドルに固定すること。ここで言う「固定」というのは、専用のクランプとストラップで「落ちないようにしておくこと」です。

特にハンドルというのは車体の前の方にあり、落としてしまうと、最悪の場合後輪で轢いてしまったりして、アプリはおろかスマホ本体をオシャカにしてしまいかねません。装備全般に言えることですが、うっかり落とさない様に気を付けましょう。